口周りの違和感から接骨院がく伊勢崎韮塚院に来院される方へ、それは顎関節症かもしれません

●顎関節症とは?

 

あごは食事をするのにも、会話をするのにも必要な、大切な器官です。口を動かすと耳の方でガクッ、コキッといった音がする、口を動かすとあごや頰、こめかみが痛む、大きく口を開けるとあごが痛む、口を大きく開けることができないといった症状はありませんか?

 

これらの症状がある場合は、顎関節症かもしれません。顎関節症とは耳の穴の前方にある顎関節や、その周囲の筋肉に痛みなどの症状が起こる症状です。二人に一人は顎関節症を経験するというほどポピュラーな症状ですが、痛みを伴わないなど症状が軽いケースが多いため、顎関節症になっても、治療を受けずに治ってしまう人のほうが多いのです。

 

治療が必要となるのは、痛みや口が開けられないといった慢性的な症状が出る場合です。また、これらの症状に伴って頭痛、肩こり、首・背中・腰の痛み、めまいや耳鳴りなど、さまざまな症状がでることもあります。患者さんの多くは10代後半~30代で特に女性が多く、30代以降の患者さんが少ないのも特徴となっています。

 

●顎関節症の原因

 

顎関節症の原因は、歯のかみ合わせが悪い、ストレス、関節のケガ、歯ぎしり、頑張りすぎて歯を食いしばる状態が続くなど、さまざまです。原因は1つに限られるわけではなく、幾つかの原因が互いに影響しあってさまざまな症状がでることが多いといわれています。

 

顎関節症の原因については、全てが解明されたわけではありません。患者さんに女性が多い理由もまだ詳しくわかっておらず、女性ホルモンの影響や、男性に比べて筋肉の緊張やストレスに敏感であること、男性ほど骨格や靱帯が強くないことなど、さまざまな説が出されています。

 

また、思春期から患者さんが増加するのは、骨格が成人へと成長する時期であることや、思春期の精神状態などが影響しているとも考えられます。近年は若者の患者数が増えているため、食習慣や生活習慣が昔と大きく変化していることも関係しているともいわれています。

 

顎関節症を予防するためには、顎の骨がずれるような行動を極力控えることです。頰付けをつく、座るときに足を組む、電話で話すときに受話器を頰で挟んで会話するといったクセがある人は、顎関節症になりやすいので注意しましょう。

 

接骨院がく伊勢崎茂呂院では、顎関節症の痛みや不調にも対応しています。患者さんに最短の回復を提供するため、顎関節の痛みを治療する最先端の医療機器もそろえています。当院の医療機器は、手技などによる施術の効果を最大限に引き出すためのものです。スタッフの高度な施術と最先端機器で、顎の関節を本来あるべき位置に戻し、痛みなどの悩みを解消します。症状を悪化させないためにも、早めの治療をおすすめします。

群馬でお体の不調にお悩みなら接骨院がく茂呂院
群馬でお体の不調にお悩みなら接骨院がく茂呂院
スタッフブログ
料金案内 治療の流れ 院内案内 アクセス・営業時間