頚椎椎間板ヘルニアからくる背部痛

頸椎椎間板ヘルニアは、頸椎で起こる椎間板ヘルニアです。背中から首にかけての骨は、小さくてかたい骨と椎間板と呼ばれる水分を含んだクッションのようなものが積み木のように積み重なってできています。しかし、このクッションである椎間板が、年齢を重ねてくると劣化したり、大きな負担がかかると潰されたりして、周りの神経を刺激するようになります。そのせいで、痛みやしびれを首付近で感じるようになります。これを、頸椎椎間板ヘルニアといいます。

頸椎椎間板ヘルニアであると疑われる症状として、2つの症状があります。1つ目は、首周りだけではなく、胸周り、腕までしびれのある痛みがあることです。特に、うがいをしたときなどに首を反らすと、強く痛みを感じ、首の位置を元に戻すと痛みが軽くなる場合も、頸椎椎間板ヘルニアが疑われます。2つ目は、手足にしびれや痛みがあったり、脱力感があったりすることです。首の周りの神経を圧迫して刺激するので、首周りだけではなく、手足にも影響がでます。

頸椎椎間板ヘルニアが非常に進行すると、重篤な症状もでてきます。例えば、下半身にもしびれが出てくることです。また、他の神経にも影響が出てくるので、排尿障害になることや、歩行困難になることもあり、日常生活を送るのにも支障がでてきます。

頸椎椎間板ヘルニアは、誰でもなりうる病気ですが、特になりやすい人がいます。まず、40代から50代の方です。年齢を重ねてくると、頸椎周りの組織が弱くなってくるので、発症しやすくなります。ただし、60代以上になると、逆に椎間板がガチガチに固まるので、頸椎椎間板ヘルニアを発症しにくくなります。

そして、姿勢の悪い方です。また、長時間同じ姿勢でいる方も、頸椎椎間板ヘルニアになりやすいです。特に、日頃から肩こりのひどい方は、注意が必要です。肩こりがひどいということは、姿勢が悪かったり長時間同じ姿勢でいることが多かったりする証です。姿勢が悪かったり同じ姿勢でいたりすると、首に大きな負担をかけているので、頸椎にかかる負荷が大きく、頸椎椎間板ヘルニアになりやすいです。

接骨院がく伊勢崎韮塚院では、頸椎椎間板ヘルニアの方も、痛みが和らぐように適切に対処しています。頸椎椎間板ヘルニアには、必要であれば整形外科と連携して、当院でもヘルニアの場所に負担をかけないように手技療法を施します。症状も様々なのでその方の状態をしっかり把握しそれに合った治療を考えてまいります。その他に首を安静に保つために、日頃の生活でのポイントなどをアドバイスいたします。また、ストレッチや体操などの運動療法を用いて、首周りの血行を促したり、筋肉を鍛えたりします。ただし、実際に来院していただかないと、頸椎椎間板ヘルニアかどうかは分からないので、背中が痛い場合には、接骨院がく伊勢崎韮塚院にお越しください。

群馬でお体の不調にお悩みなら接骨院がく茂呂院
群馬でお体の不調にお悩みなら接骨院がく茂呂院
スタッフブログ
料金案内 治療の流れ 院内案内 アクセス・営業時間