スタッフブログ

2017.07.21更新

腰痛にはいろいろな種類があります。しかしその中でも大別すると、急性腰痛と慢性腰痛の2つのいずれかに分類できます。急性腰痛の場合、突然強い痛みが腰に発生する現象を指します。場合によっては、全く動けなくなるほどの激しい痛みを伴うこともあります。急性腰痛の中でも有名なのは、ぎっくり腰です。症状としては重たいものを持ち上げようとした時、くしゃみをしたときに急に腰に強烈な痛みが伴います。急性腰痛の場合、最初のうちは激しい痛みがあるものの、じっとしているといずれ症状の治まってくることが多いです。たいていのケースで1週間程度、長くかかっても1か月もすれば急性腰痛の9割はほぼ完治すると言われているほどです。

 

慢性腰痛は、急性腰痛ほどの強烈な痛みではありません。しかし腰に何か違和感がある、重たい・だるい感じがするといった鈍痛がいつまでも続くのが特徴的な症状です。3か月以上このような痛み・不快感の続くのが慢性腰痛です。急性腰痛の場合、ぎっくり腰に代表されるように何をきっかけにして腰痛が起きたのか、自分でも自覚があります。ところが慢性腰痛の場合、何がきっかけに腰が痛むようになったのか当人もピンと来ていないケースがあります。

 

慢性腰痛の注意しなければならない点として、急性腰痛のように何もしなくても自然に治ることは少ない点が挙げられます。慢性腰痛の場合、腰の障害がかなり悪化している、内臓の病気が背後にある、ストレスなどのメンタルな面が関係しているものが多いです。このため、じっとしていれば治るというたぐいの病気ではありません。また慢性腰痛を医療機関などで治療をしても、完治させるのは難しいのも特徴と言えます。この場合には、慢性腰痛といかに付き合うか、できるだけ日常生活に支障を発生させないように腰痛をコントロールすることが主な治療方針となります。

 

先ほど紹介したように急性腰痛の9割は適切な治療を施せば完治します。ところが残りの1割は急性腰痛からいつしか慢性腰痛に移行してしまいます。急性腰痛から慢性腰痛に移行してしまう原因はいくつかあって、例えば悪い姿勢を続けているなど腰に負担をかけ続ける、精神的なストレスなどが関係しています。EUのデータによると、慢性腰痛の患者の1/3は強いストレスなどの精神的な要因が関係していると考えられると発表しているほどです。また年齢が上になればなるほど、背骨の組織が老化して慢性腰痛に移行しやすくなります。

 

群馬にある接骨院がく伊勢崎茂呂院では、急性腰痛も慢性腰痛も、各種施術によって対応しております。皆さんの症状やどのようになりたいのか、ていねいにヒアリングをして適した施術を提案してまいります。腰痛が気になっているようであれば、一度お気軽に接骨院がく伊勢崎茂呂院へご相談ください。



 スタッフブログ一覧に戻る

 腰・お尻の痛みブログ一覧に戻る

 

投稿者: 接骨院がく 伊勢崎茂呂院

群馬でお体の不調にお悩みなら接骨院がく茂呂院
群馬でお体の不調にお悩みなら接骨院がく茂呂院
スタッフブログ
料金案内 治療の流れ 院内案内 アクセス・営業時間