足首内側の痛みや出っ張り・有痛性外脛骨とは?

外脛骨という骨の名前を聞いたことがあるでしょうか?
恐らくほとんどの方は耳にする機会はないでしょう。
外脛骨は足の舟状骨の内側に存在します。
全ての人にあるのではなく、約15~20%程度の人に存在します。
また外脛骨があっても痛みがない人が殆どです。
痛みはこの2つの骨(脛骨と舟状骨)の結合部分が損傷することで生じます。
スポーツなどでこの部分の捻挫を繰り返したり足に負担がかかり続けると炎症が起きてしまいます。
そのため小学校高学年以降にこの症状が起きやすいと考えられています。
有痛性外脛骨は通常の生活に支障はありませんが、スポーツなどをする際には激痛を感じることもあるため治療や予防が必要になります。



またスポーツをしなくても、女性の方で偏平足の傾向がある方は有痛性外脛骨になる傾向が高いとされています。
もともと外脛骨には後脛骨筋と呼ばれている筋肉が付いています。
この筋肉が緊張していることで、足の内側になるアーチが保たれています。
土踏まずにとってはとても大切な筋肉となっています。
運動不足などでこの筋肉が衰えてしまうとアーチが少なくなり痛みが生じることがあります。
この他にも自分の足に合わない小さめサイズの靴を履いていると、足に負荷をかけてしまい有痛性外脛骨を引き起こすこともあります。



接骨院がく伊勢崎茂呂院では視診や触診、エコー検査などによって有痛性外脛骨を診断することができます。
外脛骨の隆起や内側のアーチがどうなっているか、偏平足が見られるかなども確認します。
この症状で最も効果的な治療法は安静にすることです。
安静にしているといっても仕事や買い物など、学生であればクラブや部活動などに行かなくてはいけません。
そこでアーチサポートなどを使って、アーチ、この場合は特に内側にあるアーチを正常に保てるようにサポートする必要があります。



また当院に来られる方の多くは、痛みを感じている部分とは別の部分に原因があるケースが少なくありません。
つまり有痛性外脛骨だからといって必ずしも外脛骨に問題があるという訳ではありません。
足の他の部分のバランスが崩れてしまっているために有痛性外脛骨を併発していることもあります。
これでは有痛性外脛骨の痛みをとっても少し経つとまた炎症が起きてしまいます。
接骨院がく伊勢崎茂呂院では、炎症がある部分の治療をすると同時にどこからその痛みが来ているのかを解明し治療します。
そして同じような症状を繰り替えさないように、適切なリハビリ方法や効果的なストレッチ方法などもお伝えしています。



群馬でお体の不調にお悩みなら接骨院がく茂呂院
群馬でお体の不調にお悩みなら接骨院がく茂呂院
スタッフブログ
料金案内 治療の流れ 院内案内 アクセス・営業時間